小陰唇縮小手術を受ける前にダウンタイムを把握|健康的に悩み解消

このエントリーをはてなブックマークに追加

気になる費用

困る女性

小陰唇は肥大し過ぎると真正面から見たときに垂れ下がっているように見えます。そのまま放置していると、太ももともこすれやすく色素沈着が起きやすい上に雑菌が繁殖しやすい状況におかれてしまうでしょう。肥大した小陰唇は雑菌繁殖の好条件が豊富に揃っているのです。そのまま放置すると臭いや病気発症のリスクを高めてしまいます。そうした問題を未然に防ぐ為にも、機会を作って小陰唇縮小手術を受けてみましょう。小陰唇縮小手術は多くの人が体験しているもので、その改善効果の高さに誰もが満足しています。実際に手術を行なっている産婦人科は限られているので、身近で通いやすく、受けた女性達からの口コミ情報でも人気を高めているところを見つけてみましょう。そうした情報を得る為にはインターネットを活用することです。

小陰唇縮小手術を行なっている産婦人科では、あらかじめ治療に掛かる費用を明確に提示しています。病気を患っているわけではないので、この費用には健康保険が全く適用されません。その為、全額自己負担となるので予算には余裕を持っておきましょう。小陰唇は膣の蓋のような役割を担っていて、両方肥大することもあれば片方のみが肥大することもあります。肥大した部分のみに施術を施すならそれだけで費用が大きく変わるでしょう。平均的に小陰唇縮小手術は片方で約12万円、両方で約25万円掛かるとされています。一括支払いが難しければ医療ローンを利用できる産婦人科を選ぶことです。費用としてみると負担として大きく感じますが、得られるメリットはさらに大きいものです。